2015年5月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

地球高温化

2011年7月16日 (土)

サイバー攻撃に対する備え

昨日7/14に米国防総省がサイバー攻撃に対する戦略を発表したことが、ニュースで大きく取り上げていた。
サイバー攻撃が無差別型からターゲット型へ移行しつつあり、サイバー攻撃にあえば多大な被害を受けることは最近も大きな事例があったばかりである。
どうサイバー攻撃から守るのかが、国防の観点からも重要になったということである。

昨日のWBSで、日本の情報セキュリティ研究開発予算がこの5年で約半額の
50億円であり、それに対しアメリカはこの5年で約5倍の4億ドル(1ドル80円とすると320億円)であることを取り上げていた。金額にすると6倍近いことがわかる(下のグラフを見てもすぐに金額が6倍近く違うことには気がつかない)。

20110715wbs

また法の整備も不十分なようである。日本は大丈夫なのかと心配になる。

話は変わるがそれにしても暑い。この暑さをなんとか電力に変換できないものでしょうか。

参考サイト
米、サイバー対策で新戦略を発表
http://www.tv-tokyo.co.jp/mv/wbs/newsl/post_4256/
米国防総省 サイバー戦略強化
http://www3.nhk.or.jp/news/html/20110715/t10014226351000.html
サイバー空間、誰でも攻撃可能-米国防総省が新戦略で警告、21世紀の「戦場」に
http://www.worldtimes.co.jp/today/kokunai/110716-2.html
米国のサイバー計画、新たな焦点は抑止力
http://jp.wsj.com/US/Politics/node_273551
米、サイバー防衛を軍主導に
http://www.youtube.com/watch?v=k0KW9TwePIg

2011年2月10日 (木)

脳は高性能マイクロプロセッサーの集まり?!

ギズモード・ジャパンの記事で2つほど気になるものを見つけたので忘れないようにこのブログに残しておく。

1つ目は、
世界中の全コンピューターを総合したとしても、1人の人間の脳の中身にすら及ばない...(動画)
ネズミの脳の内部をフル3Dで解析したところ、1つ1つのシナプスが、単なるシグナル伝達の接合部位の役割だけでなく、単体でも情報生成ならびにデータ保存が行なえる高性能マイクロプロセッサーとしての役割を果たしていることが分かったそうである。それゆえ、世界中のコンピュータを総合したとしても1人の脳の中身にすらおよばないといえるそうである。ほんとうなら、ちょっと夢のない話に思えました。

もう1つは、
アメリカを襲った尋常じゃない猛吹雪がヤバイ。まるで「デイ・アフター・トゥモロー」...
明日から関東でも雪が降るらしい。今年は雪が多く困っている地方があり大変だと思っていたが、アメリカではもっと酸かったようである。異常気象で寒暖の差が大きくなっているという現れでしょうか。

参考サイト:
世界中の全コンピューターを総合したとしても、1人の人間の脳の中身にすら及ばない...(動画)
http://www.gizmodo.jp/2011/02/post_8409.html
アメリカを襲った尋常じゃない猛吹雪がヤバイ。まるで「デイ・アフター・トゥモロー」...
http://www.gizmodo.jp/2011/02/blizzaster_america.html

2010年12月14日 (火)

プ会27

今日東京大学工学部で行われたプ会27に参加させていただいた。
今回は遅刻しないように1時間ほど年休を取り会場に向かうが、
建物内で10分ほどさまよってしまう。遅刻はしないですんでよかった。
私にとって、東京大学にこの年になっていけるのはとても刺激的なことである。

今回のテーマは「いまどきの高大連携にかかわるとりくみ」で、2組の発表があった。
1組目は、「LiveE!高大連携活動にかかわる展開アプリケーションの応用例紹介」。
CO2センサーを取り付けて、そのセンサーの作成やデータを生かした連携授業の紹介で、今後の発展が期待できる。環境問題の取り組みとしても、うまく学校活動に取り入れられれば、もっと広がる可能性が大きいと感じた。
CO2の濃度と眠気に関係があるというのは興味深いことであった。
2組目は、「高校における,高大連携に関するとりくみ事例紹介」
神奈川県立横浜清陵総合高校の五十嵐先生と私が発表した。
総合学科での取り組みは幅が広くすばらしいと感じる。
普通科高校ではどのように高大連携を取り組んでいくのかまだ課題が多い。

懇親会にも参加させていただき、ベトナム料理をおいしくいただくことができた。
会を開いていただいた関係者の皆さんに感謝します。

楽しむことは苦しみがともない、苦しみながらも楽しいことがある。
苦しくない楽しみはないし。苦しまない楽しみはない。
これからも楽しんで情報教育に係っていきたいと心に決めた日になりました。

2010年12月10日 (金)

富士山とスカイタワー

今日の朝、所属校のいつも所から富士山とスカイタワーがよく見えた。
20101210fuji
富士山とスカイタワーの見た目の高さは現在同じの高さである。完成するとスカイタワーのほうが高く見えることになるのだろうか。しかし富士山の雄大さにはかなわないと思う。

今日で2学期期末考査が終了した。今年もあと3週間となった。
今日今年の漢字1文字が「暑」と発表になった。私の漢字1文字は何だったのか迷う。
ここ1・2年ほどを漢字2文字で表すとすると「元年」のような気がする。
「3D元年」とか「スマートフォン元年」とか「電子書籍元年」とか「電気自動車元年」などが思い浮かぶ。
情報通信技術とその機器の発展の速さには驚くばかりである。
(情報通信技術というよりディジタル通信技術といったほうがよいかもしれない)
来年、テレビがディジタルに完全以降にならないかもしれないが、
アナログからディジタルへ、電子から光へという流れは加速していくのでしょう。
地球高温化は加速しないでほしいと思う。

2010年の「今年の漢字」は「暑」に決まりました
http://www.kanjijiten.net/year.html

2010年8月31日 (火)

明日から2学期

暑かった夏休みも今日で終わりで、明日から2学期が始まる。
今年の夏は記録的猛暑で真夏日が多く、
まだ暑い日が続くそうで空調のない学校では、
暑い中授業が始まるかと思うとつらいと感じる。
その点コンピュータ教室での授業は空調がきいているのでよいが、
室外との温度差は体調によくない。

この夏教科「情報」の担当者向けに、
プログラミング学習についてのアンケートを実施した。
協力していただいた先生方に感謝します。
そのアンケートをやっとまとめながら思ったことは、
情報の免許をとりたくなっかたという方がいるのだということを
アンケートの中から改めて感じた。
他教科ではその教科の先生になりたくて免許を自ら取っているはずなのに、
教科「情報」においては自発的でなく免許を取った方が多からずいるのだと思う。
それと教科「情報」が2単位しかないことの弊害が大きいのだと感じた。
もちろん前向きに教科「情報」を指導している方もいると思うが、
二足のわらじでは負担も大きい。
すでに現教育課程が始まり8年目になるが、教科「情報」で採用された方は少ない。
やはり教科「情報」の問題点は2単位しかないことによる、
専任で採用された方が少なかったり、
学校に複数の情報の専任がいないことにあると考える。
情報社会になってなぜ教科「情報」が冷遇されるのかわからない。
グチ気味になってきたのでもうやめます。

さて2学期はスクイークを使ってプログラミングを生徒と学びたいと考えている。
様子はこのブログで紹介できればと考えている。

あっという間に8月が終わってしまい、ゆっくり振り返るゆとりがない。
やりぱっなしではいけないと感じる。
読んだ本もこのブログで少しづつ残していければと思う。

2010年7月 1日 (木)

地球高温化それとも地球寒冷期?

昨日か今朝のTVで今年の異常気象に関するニュースが流れていた。
(どっちだったのか思い出せないところが情けない。
もしかして両方かもしれない。)
このまま地球温暖化が進むと梅雨の終わりが遅くなる。
梅雨ではなく雨季と乾季に近い状態になる。
このごろの雨の振り方を見るとスコールに近いことがあるので、
やはり地球高温化なのかと思ってしまう。

ところが太陽の黒点の数が少ないことが続いていることも気になっている。
ちょうど今日の読売新聞の夕刊に
「太陽異変」という記事が載っていて、
地球寒冷期が近いかもと書いている。
かつて太陽の黒点が少なかったマウンダー極小期は
地球の気温が0.6度下がったことと、ダルトン極小期について触れている。
でもなぜ黒点の数が少なくなると
地球が寒冷化するのかのメカニズムははっきりしていないと書いてある。

もしかして今までとは違う地球規模の異常が起きているのかもしれない。
太陽の黒点についてはどうしようもないが、
地球高温化の流れは少しでも遅くするかとめないとまずいのだと思う。

参考にしたいサイト:NATIONAL GEOGRAPHIC
太陽黒点なし、百年ぶりの活動極小期か

2009年5月30日 (土)

100年後には東京で桜が咲かない?

株式会社ウェザーニューズによると、
2010年~2110年における3パターンの気温変化シナリオを用いた
桜の開花シミュレーションの結果をそれぞれ発表し、
シナリオ1『気温上昇最大シナリオ』では、
2110年に東京をはじめ九州・四国・静岡の一部などで、
桜が開花しないらしい。

20090528_04

今年は入学式に桜が咲きとてもきれいであったが、
桜が開花するために必要な休眠打破を促すまでの気温の低下がなくなると、
桜が開花しないとのことである。
詳しくはこちらのサイトに載っています。

桜だけの問題ではなく、
地球高温化は何とか阻止しないとまずいと思う。
今年の夏は暑いのであろうか。
暑い日が多いのであれば、
休日などはサーバをとめようかと思っている。