2015年5月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

ディジタル化

2012年4月22日 (日)

日本はICT教育 韓国はスマート教育

昨日2012/4/21に株式会社内田洋行 新川オフィス(ユビキタス協創広場CANVAS)で行われたJSET 産学協同セミナー『産学で議論 教育工学の視点からの未来の学校(教室)~明日の教育現場でのICT利活用を考える韓国から学び日本を考える~』に参加した。JSETの会員でもないし、場違いかもと思いながら、韓国の教育のことが知れる機会なので参加した。80名ほどの参加で、企業関係が50名ほどだそうだ。

プログラムは
日本教育工学会理事の大久保 昇氏のあいさつから始まり、
コンジュ大学のキム ジュンテ氏による「韓国でのデジタル教科書・デジタル教材の状況」、
内田洋行総合研究所の方から「韓国未来学校」の視察報告、
富山大学教授山西 潤一氏による「韓国のスマート教育戦略と日本の教育情報化ビジョン」、
最後にパネルディスカッションでした。

日本では2011/4/28に「教育の情報化ビジョン」が文部科学省から発表された。韓国では2011/6/29に「スマート教育推進戦略」が韓国政府から発表された。ビジョンと戦略では明らかに違う。日本が韓国に追いつくのは難しいのかもと思えた。

キム氏の「韓国でのデジタル教科書・デジタル教材の状況」は衝撃的なものだった。デジタル教科書や教材を2007年から実用化しているので毎年改良をし、インターフェースを統一して、FLASHを使わずHTML5形式でのデジタル教科書や教材もはじめられていそうである。Android端末でのデジタル教材の実演もあり、刺激的だった。
韓国での未来学校は、今年3月にできたばかりで施設だけの紹介であったが、予算などの関係から日本ではこんな学校を作れないだろうと思えてしまった。
山西氏の発表の中で管理職の能力と生徒の成績に関連があると話されていたのは興味深かった。

パネルディスカッションを聞きながら、日本と韓国の違いはなんだろうと考えていた。
教員の研修制度が違う。韓国には大統領がいる。国策か方針なのかバックアップ体制が違う。
でも私が思う韓国と日本の違いは次の2点。
1つめは、韓国は今後まだ人口が増えるが、日本は人口減少でかつ少子超高齢化社会。
そして2つ目は、韓国は1997年の経済危機を経験しそれを乗り越え、経済発展をしている最中。日本は、かつての栄光の余韻を引きずり方向転換ができずにすでに何周か遅れになってしまっていること。
簡単に言うと微分すると、韓国はプラス、日本はマイナス。
しかも日本は大震災と原発問題などが起きたばかり。

日本もスマートな国を目指し早く方向転換をしてもらえればと思った。その前に、まず自分からスマートにならなければ。

昨日も寒かったなあ。

参考サイト
JSETと内田洋行、未来の教育ICTを考える産学協同セミナー
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20120326-00000036-rbb-sci
【韓国教育IT事情-7】スマート教育戦略発表…デジタル教科書2.0でスマートな教育環境目指す
http://resemom.jp/article/2011/08/17/3799.html
「教育の情報化ビジョン」の公表について
http://www.mext.go.jp/b_menu/houdou/23/04/1305484.htm
韓国人口が5年で110万人増加、政府予想を上回る
http://www.wowkorea.jp/news/korea/2010/0405/10069289.html

2012年3月29日 (木)

梅満開と電子カルテ

今日2012/3/29はいい天気でした。今年は寒い日が続いていたので、勤務校の敷地内にある梅の木の1本が今やっと満開になった。今年度あとわずかというのに不思議な感じである。
20120329ume

今日は午後年休を取り、病院に行った。前回予約したときに次回までに電子カルテが導入されると聞いていたので、そちらのシステムを見るのが楽しみでもあった。
行くとまず受付機が代わっていた。受付をするとA4の案内用の紙が出てきた。あれと思ったが、これがないと困るのだろう。名前が呼ばれて、診察室に入ると、PCがHPに代わっていて、モニターも2台あった。1台は医者用、1台は主に患者に見せるためようであった。机の上には今までのカルタもあった。1年間は紙カルテも併用するとのことであった。医者は電子カルテの操作が直感的でないと話してくれた。紙カルテのときは開いてみれば良かったが、電子カルテになり操作が多くなったり、どこにあるのかを思い出すのが大変な用であった。医者が電子カルタの操作を終わるまで患者を呼べないので、以前より1人あたりの時間は増えているようだ。もちろん紙も減っていないそうだ。電子カルテと良い点は、カルテを持ち歩かなくてもどこでも情報が共有できることのようだ。診察が終わり、会計に。もちろんか池煮の機械も代わっていた。システムを導入するのにいくらのお金をかけたのだろうかと感じてしまった。

ICTを導入すると、ICTを操作する時間とモニタを見る時間が増える。モニタばかり見つめていても、モニタはその人を愛してくれないだろう。

参考サイト
日本HP Workstations-お客様事例(特定医療法人 米田病院)
http://h50146.www5.hp.com/products/workstations/personal_ws/case_studies/yoneda/

2012年2月19日 (日)

キャラクター・ボーカル・シリーズの2次利用

今日2012/2/19の朝の「NHKニュース おはよう日本」を見ていたら、初音ミクを取り上げていた。その中で気になったことを残しておきたい。
初音ミクは世界進出しつつあるようである。日本ではカラオケでも人気。みんな知っていて歌いやすいそうだ。CDがたくさん出ていることは知っているが、カラオケ店にいた女子がみんなが知っているので一緒に歌えるといっていたのが印象的だった。
初音ミクは2次利用がしやすいようになっていることにもふれていた。

そこで忘れないうちにネットで調べてみると、次のことがわかった。

○許諾条件
初音ミクは、次の二つの許諾条件を承認しないと利用できない。
  ・初音ミクの許諾条件 (クリプトン製)
  ・VOCALOIDの許諾条件 (YAMAHA製)
○使用許諾契約の要約
やって良いこと、悪いこと。
  1.公序良俗に反するものは不可
  2.歌手に歌わせたかのような演出をした映像作品は不可
  3.商用カラオケ、商用着メロは不可
  4.商用でも、自分名義で発表する作品に使用する場合は可
  5.VOCALOIDや初音ミク名義では商用不可
  6.非商用なら、1と2以外はすべて可
○動画サイトでの公開
ミクの画像などの無断使用は、本来は著作権侵害である。しかし、著作権侵害は「親告罪」であるので、クリプトンが黙認する範囲であれば大きな問題にはならない。後略
○二次利用の条件
クリプトンは、初音ミクのイメージ画像(以下、原素材)を公開している。これをモチーフとした制作物(以下、二次創作物)については、次の範囲で許可している。
  1.個人または同人サークル等が作成し
  2.自らの創作によるもので
  3.営利目的ではない趣味の範囲で制作し頒布する場合
  4.但し、立体物、衣装を除く
http://www.wdic.org/w/TECH/%E5%88%9D%E9%9F%B3%E3%83%9F%E3%82%AFより引用

著作権についてのネタになるかもしれないが、どう教えたらよいのかは悩む。
(このブログを書きながら、TVから必殺仕事人2012が聞こえてくるのはなんともいえない。)

今日は科学技術館に行ってみた。今日限定の液晶パネルの説明が聞けた。説明の中で光の三原色について触れて

いたが、光の三原色を学校で習った子もいるようで、2色を混ぜた色をすらすら答えていた。
それと今日は日本IBM TryScience実験教室が開催されていて、「探査機を宇宙に送ろう」を行っていた。子供向けだが、年齢を問わず楽しめるかもしれない。文化祭ネタにできるかもと思った。
この実験教室はTryScienceのサイトに紹介されているメニューの中から選んでいることを知った。

参考サイト
初音ミク-通信用語の基礎知識
http://www.wdic.org/w/TECH/%E5%88%9D%E9%9F%B3%E3%83%9F%E3%82%AF
クリプトン|VOCALOID 2-キャラクター・ボーカル・シリーズ
http://www.crypton.co.jp/mp/pages/prod/vocaloid/
「出口がない」「権利者は誰」――初音ミク2次創作の課題
http://www.itmedia.co.jp/news/articles/0803/27/news128.html
TryScience
http://www.tryscience.org/jp/

2011年11月16日 (水)

色のDigital化

今日、スクイークEtoysで条件分岐を理解するために作成した「星の移動(自作プリントの4枚目)」を使い、色のDigital化について復習した。生徒がなぜさまざまな色がモニタ上で再現できるのか、Digital化とは何かを復習させたいと思っていたからである。

20111116hoshirgb

まずは星の色を赤・青・緑の成分(0~100)の値を変化させて色が変わることを確認させた。そして好きな色に設定したところで、色と光の波長の関係について説明したあと、色相・明度・彩度について軽く紹介する。そして、色相を変化させるタイルを入れて星を移動させた。生徒の反応は良かったと感じた。

20111116hoshihue

教科「情報」は2単位と単位数が少ないが、大切なことはタイミングを見つけて、復習させていきたい。

それにしても今日は寒かった。生徒のいないコンピュータ教室は特に寒い。

2011年8月27日 (土)

記号としての文字

今日ラジオを聞いていたら、アメリカでは筆記体の書けない若者が増えているといっていた。
すると大統領の一般教書演説文を読めない人が増えるのではといっていた。
筆記体を書けないことで筆記体を読めない人が増えるかもしれない。でも今や一般教書演説はネットでテキストとしても動画でも見ることが可能だから、筆記体を読めなる必要性は低いのかもしれないと思った。

ここで漢字について考えると、草書体を私はたぶんと読めないであろうし、草書体を自ら読もうとは思わない。(でも筆記体はならったので多分読める。草書体は習っていない。)
そして漢字の書き順を正しく覚えることは本当に大切なのだろうかと思う。
たとえば右と左で横棒の書き順番は違う。漢字の成り立ちが違うから書き順が違うのだろうが、記号としても時事をとらえた時に書き順は問題ではなくなるのではと思う。(書き順を間違えることを正当化しているのでよくないお思いだということは十分わかっている。)

文字がデジタル情報として多く流通するようになり、プリントなどが手書きが減り文書作成ソフトなど作成されで印刷されることから、文字が記号としての役割が高まっているのではないかと考える。

2011年7月27日 (水)

IT学習塾

今日の日本経済新聞の誘拐の1面に「IT学習塾」というタイトルの記事が載っていた。
この記事によると学研や栄光などは生徒確保のために、一人1台のタブレットと電子黒板に連動した授業を行うとある。
タブレットなど電子教材を導入することで生徒が効率よく学べる環境を整えつつ、講師数を減らすことにもつながるとある。

学習塾などではインターネットの利用はもうとっくにはじまっている。タブレットも活用するようになると、新たなデジタルデバイドが生まれつつあるともいえる。
学習塾や大学などでタブレットを利用することがこれから広がっていきそうな気がします。

無線のブロードバンドが速くなり普及が広がることでしょうし、スマートフォントタブレットという新しいツールが広がっていくと、数年後にはどのような社会になっているのでしょうか?

参考サイト
学研などIT学習塾 タブレットで予習・復習も
http://www.nikkei.com/news/headline/article/g=96958A9C93819594E0E4E2E7E58DE0E5E2E5E0E2E3E39F9FE2E2E2E2

2011年7月24日 (日)

テレビ欄の変化

今日からアナログ波による電波を流さなくなった。
新聞のテレビ欄を見ると、昨日までは左にアナログのチャンネルがあったものが、
今日からはデジタルのチャンネルが表示されるようになっている。

20110724tv

なぜ今日アナログ波が止まったのだろうか。
これから甲子園の地方予選も佳境に入っているし、夏休みも始まるこのタイミングになぜ今日でなくてはだめだったのでしょうか。後2ヵ月後でも良かったのではと思う。
デジタル化することで、テレビ放送に必要な周波数が2/3ほどになるのは良いことかもしれないが、あいた周波数帯の利用されなければ、あけた意味がない。
それにしても本当にアナログ波放送が終わってしまうとは。

参考サイト
テレビの地上デジタル化 空いた電波、防災などに活用
http://sankei.jp.msn.com/life/news/110202/trd11020222170017-n1.htm

2011年7月23日 (土)

アナログ波停止

ついに明日2011/7/24正午に、東北3県を除き、アナログ波が停止し地上デジタル放送への完全移行が行われる。
地デジ難民は避けられそうになく、弱者切捨てのように感じてしまう。壊れていないテレビが映らなくなるのもどうかと思うし、アナログテレビはゴミと化してしまうのはいかがかと思う。
地デジ対応放送の駆け込み需要が多くなったとか、アンテナの工事が間に合わないとかニュースで流れている。

視覚障害者の情報入手先(複数回答)としてラジオを挙げた人は49.3%だったのに対して、テレビは66.0%と最も多かった。
http://www.j-cast.com/2011/07/11101097.html?p=allより引用

娘の申請で3月ごろ、自宅を訪れた県テレビ受信者支援センター(デジサポ沖縄)の職員に、チューナーを設定してもらったという。が、テレビ用と合わせリモコンが二つに増え、操作方法が変わったためか「いろいろボタンを押しても見られないから、もう、やめた」。耳が遠いため、電話での問い合わせも避けている。
http://www.okinawatimes.co.jp/article/2011-07-22_20860/より引用

地デジ対応することは、家に第三者を入れることになり、それを嫌がる人も多いそうである。若者はテレビ離れが加速するでしょう。

明日の正午はアナログ波停止の瞬間は外出しているので、録画してを確認しようと思ったら、テレビにアナログ放送終了の案内がない。私が見ているテレビはアンテナではなく、ケーブル接続であることを思い出した。総務省の措置で2015年3月までデジアナ変換してアナログ波をとどけることになっている。明日はアナログ波停止の瞬間が確認できない。2015年3月まで待つことにしよう。
(クルマのテレビはアナログだった。明日の正午はクルマに乗っていないからやはり確認できない。)

参考サイト
アナログ停波で視覚障害者や被災地困惑 FMラジオでテレビ音声聞けなくなる
http://www.j-cast.com/2011/07/11101097.html?p=all
「なぜもっと早く」地デジアンテナ工事、駆け込み依頼殺到
http://www.itmedia.co.jp/news/articles/1107/19/news025.html
“地デジカウントダウン”アナログ画面に常時表示へ 停波は24日正午
http://www.itmedia.co.jp/news/articles/1106/17/news038.html
地デジ:24日正午アナログ放送終了 未対応29万世帯
http://mainichi.jp/life/money/news/20110723k0000m040050000c.html
地デジ化で加速するテレビ局“負の連鎖”(1)
http://www.toyokeizai.net/business/industrial/detail/AC/2caa39927c63012b112483cbde66a24e/page/1/
やっぱり映らない 地デジに戸惑う高齢者
http://www.okinawatimes.co.jp/article/2011-07-22_20860/
「デジアナ変換」を実施するケーブルテレビ事業者の決定状況
http://www.soumu.go.jp/menu_news/s-news/01ryutsu12_01000001.html

2011年7月15日 (金)

人の記憶は変質する

ITmediaで気になる記事を見つけたのでこのブログに残しておきます。
タイトルは「Googleで人の記憶は変質する――米心理学者が発表

検索エンジンを利用するようになり、人は情報そのものではなく、どこで情報を入手できるかを記憶するようになってきていると、コロンビア大学の心理学者が論文で発表した。
http://www.itmedia.co.jp/news/articles/1107/15/news062.htmlより引用

私は自分のケータイ電話番号を記憶していない。ケータイを開いてプロフィールを見ればわかるからで、覚える気がないので、ケータイ番号を聞かれるとすぐ答えられない。
この記事の中で、人間の脳は、友人や家族、同僚などに尋ねれば答えが分かることについては記憶しようとしないで他者の記憶に頼る方法を心理学では「交換記憶(Transactive Memory)」と呼ぶとある。
Microsoft Officeが2003から2007になりリボンを利用したことで、交換記憶したものが役に立たずに、いらいらすることを思い出した。
今やネットにつながる情報端末は、PCだけではなくケータイやスマホそしてゲーム機やテレビなどたくさんある。情報をどう手に入れられるかわかれば、物事を暗記せず暗記した場所を思い出せばいいことになる。
そうすると情報を鵜呑みにせず、情報の信ぴょう性を自ら判断できる能力がますます重要になったことになる。

人が自らの足で移動するだけでなく普通に交通手段を利用するようになったように、
人が自ら記憶するだけでなく普通に記憶メディアを活用するような時代になったということなのでしょう。
これは大きな変化だと感じます。

2011年7月 9日 (土)

第2回教育ITソリューションEXPO

今日東京ビックサイトで行われている第2回教育ITソリューションEXPOにいった。
昨年もいっていて、昨日のWBSでも紹介していたので、とても楽しみであった。
開場する朝10時ごろ会場に着くとたくさんの人がいた。

まず、入場してすぐにTOSHIBAのブースで、新型タブレットPCによる模擬授業形式の提案を聞いた。帝国書院 デジタル教科書楽しく学ぶ小学生の地図帳とグッド・グリーフピッケのつくるえほんの紹介であった。具体的な提案であったが、TOSHIBAさんにはスクイークをプレインストールして教育で活用してほしいと前から思っている。でも模擬授業形式の提案を聞けてとても満足できた。
その後広い会場は、eラーニング・セキュリティ・業務支援・コンテンツ・ハードウェアのゾーンがあり、あちこちと見るとやあっという間に昼を過ぎになる。
電子黒板はいろいろなタイプがあり、触ることができたのは良かった。職場にも電子黒板があれば使ってみたいと思う。そしてその空いた時間のコンピュータ教室で情報以外の教科の方に使ってもらえればと思った。

昼を食べた後、同時に開催されていた電子出版EXPOと東京国際ブックフェアを軽く見学した。
楽しい1日でした。外に出ると日差しが強い。日陰では風もあり気持ちが良かった。

今回教育ITソリューションEXPOなどを見学したことで、遠くないうちにタブレットかスマートフォンを購入したいと思った。

参考サイト
第2回 教育ITソリューションEXPO
http://www.edix-expo.jp/ja/
東芝情報機器株式会社 [第2回教育ITソリューションEXPO 東芝情報機器ブースご案内]
http://www.toshiba-tie.co.jp/event/110707.html
株式会社レディックス:ピッケのつくるえほん
http://www.ledex.co.jp/products/pla_p_001.html
進むかデジタル教育:ワールドビジネスサテライト:テレビ東京
http://www.tv-tokyo.co.jp/mv/wbs/newsl/post_3913/

より以前の記事一覧