2015年5月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

パソコン

2012年3月29日 (木)

梅満開と電子カルテ

今日2012/3/29はいい天気でした。今年は寒い日が続いていたので、勤務校の敷地内にある梅の木の1本が今やっと満開になった。今年度あとわずかというのに不思議な感じである。
20120329ume

今日は午後年休を取り、病院に行った。前回予約したときに次回までに電子カルテが導入されると聞いていたので、そちらのシステムを見るのが楽しみでもあった。
行くとまず受付機が代わっていた。受付をするとA4の案内用の紙が出てきた。あれと思ったが、これがないと困るのだろう。名前が呼ばれて、診察室に入ると、PCがHPに代わっていて、モニターも2台あった。1台は医者用、1台は主に患者に見せるためようであった。机の上には今までのカルタもあった。1年間は紙カルテも併用するとのことであった。医者は電子カルテの操作が直感的でないと話してくれた。紙カルテのときは開いてみれば良かったが、電子カルテになり操作が多くなったり、どこにあるのかを思い出すのが大変な用であった。医者が電子カルタの操作を終わるまで患者を呼べないので、以前より1人あたりの時間は増えているようだ。もちろん紙も減っていないそうだ。電子カルテと良い点は、カルテを持ち歩かなくてもどこでも情報が共有できることのようだ。診察が終わり、会計に。もちろんか池煮の機械も代わっていた。システムを導入するのにいくらのお金をかけたのだろうかと感じてしまった。

ICTを導入すると、ICTを操作する時間とモニタを見る時間が増える。モニタばかり見つめていても、モニタはその人を愛してくれないだろう。

参考サイト
日本HP Workstations-お客様事例(特定医療法人 米田病院)
http://h50146.www5.hp.com/products/workstations/personal_ws/case_studies/yoneda/

2012年3月17日 (土)

タブレット

昨日2012/3/16はいろいろなニュースがあった。

まずは、思い出深い300系新幹線がついにラストラン。
300系に初めて乗ったときは、座席の間隔が広くなるなどその快適さに感動したものである。300系の走っている姿をもう見れないかと思うと残念である。

次に、寝台特急「日本海」のラストラン。
寝台特急がまた定期運行をやめた。残る寝台特急は「カシオペア」・「北斗星」・「あけぼの」と「サンライズ出雲」ぐらいか。

それとTOYOTA「86」とSUBARU「BRZ」が量産を開始したというニュースの大きく取り上げていた。

さてここから本題。

新しいiPadが販売された。iPad3と読んでいいのだろうか?
iPadは家電の中で驚異的な速度で普及しているそうである。
iPadの普及のおかげで、アンドロイド系のタブレットもあっという間に多種になり、タブレットコンピュータが身近になってきた。
タブレットというと「携帯用の板」・「板状のもの」という意味で多く使われるようになった。
ブリタニカ百科事典が電子版に全面移行されるのもしょうがないのかもしれない。
教科書が電子版が出れば教科書販売がオンラインでできていいのにとも思う。

さて私がこのブログを書こうと思ったきっかけが次のニュース。
JR久留里線で「タブレット」廃止。ここでのタブレットとは直径約10センチの真鍮製の円盤状の通票である。このタブレットの受け渡しは、1912年から約100年間使用されていたそうである。タブレットの受け渡しは見たことがないが、大切ねコミュニケーションの1手段だったのかと思う。
タブレットには、「錠剤状のもの」という意味があることを思い出した。

今学期もあと残すこと1週間。今年度もあと2週間となった。今年度の振り返りや整理などと来年度の準備などもしなければ。今年度もすごく長かったようであり、あっという間に終わってしまいそうでもある。

参考サイト
安全の「バトン」引退 久留里線タブレット
http://mytown.asahi.com/chiba/news.php?k_id=12000001203070001
タブレット
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%BF%E3%83%96%E3%83%AC%E3%83%83%E3%83%88

2011年9月 5日 (月)

プリンターの設定とPowerPointの資料印刷

準備室にWindows7の64bitのパソコンが最近入った。
Canonのネットワークプリンターで印刷できるように設定しているが、なぜか送信中にエラーがおき、印刷できない。もちろんドライバーをCanonのサイトからダウンロードしたがうまくいかない。オンラインマニュアルや他のサイトからポートがCanon専用のポート設定でないといけないということまではわかった。さてどうしたら設定を直せるのかよくわからず悩んでいる時間も惜しいので、久々にサポートセンターに電話して解決方法を教えてもらった。解決できたのでうれしかったが、解決方法までわかってもできなかったのが悔しかったというか、解決方法がわかりづらかったのが気になった。

今日の授業で、PowerPointのデータ(スライドとノート)をWordに送信しようとしたら、なぜかできなかった。同じことを準備室のパソコンで確認したら問題なくできた。まさかできないと思っていなかったので、時間をロスして生徒には申し訳なかった。全ての機能をチェックしきれないが、授業の前にあらかじめ確認することの大切さを実感した。Wordに送信できなかったことをコンピュータ導入業者に伝えて、症状を見てもらうことになった。今週いっぱいはこの機能を使えないので、プレゼン発表のための原稿を印刷させることができないのでこまったものである。

2011年7月18日 (月)

KTurtleとQuince

今日千葉工業大学津田沼キャンパスのオープンキャンスに見学に行った。
目的はいくつかあったがその中で、コンピュータ教室を見学することと災害対策ロボットを見学することが大きな目的であった。

20110718kturtle

コンピュータ教室の1つは今年度からマシンが新しくなって、モニタも4:3から16:9になっていた。OSはLinuxである。そのモニタにカメのアイコンのKTurtleのショットカットがあり、KTurtleを体験ができ簡単な説明と問題のペーパーが用意されていた。KTurtleは大学の授業で触れることがあるかないかだとその場にいた職員が教えてくれた。

20110718quince

次に災害対策ロボット「Quince(クインス)」の説明会場に向かう。途中からの参加になったが、大教室に100人近い方がいた。現在福島原発の現場で活躍しているロボットなので、興味を示す方が多いのは予想していたが、人の多さにびっくりした。1ヶ月ほど前に公開講座で話を聞いていたが、その後の最新情報もあり、とても興味深い内容であった。

千葉工業大学津田沼キャンパスは、JR総武線津田沼駅のすぐ隣にあり立地が抜群である。もう1つのキャンパスもJR京葉線の駅から近い。

この3連休で多くの大学がオープンキャンパスや合同説明会などが開かれていたのだと思う。機会があれば、他の大学にも目的を見つけて見に行きたい。

1学期はあと2日だ。明日から台風の影響が心配である。

2011年7月11日 (月)

記録と記憶

コンピュータの五大装置に記憶装置がある。これはメモリなどをさすので記録装置とはいわない。
HDDなどは補助記憶装置と呼ぶ。補助記録装置とはいわない。
ここで、記憶媒体について検索すると次のようなものが見つかった。

記憶媒体
フロッピーディスクやCD-ROMなど、データを記録しておくための記録媒体。
http://e-words.jp/w/E8A898E686B6E5AA92E4BD93.htmlより引用

これでは記憶装置は記録装置と同意語なのだろうか。混乱する。

YAHOOで「記憶」を辞書検索すると

3 コンピューターに必要なデータを蓄えておくこと。
http://dic.yahoo.co.jp/dsearch?enc=UTF-8&p=%E8%A8%98%E6%86%B6&dtype=0&dname=0na&stype=0&pagenum=1&index=04078100より引用

とあった。

ドットPC編集部ブログ : 記憶媒体と記録媒体 by kakishima」では
「記憶媒体」と「記録媒体」では、JISでの規定がないことが文部科学省の方から確認できたことがわかる。

記憶は「memory」、記録は「record」と英訳できることを考えれば、
コンピュータでは記憶装置という言葉がしっくりするように思える。でも、
データベースにおいてはmemoryではなくrecordになる。

コンピュータは記憶することも記録することも、私よりはるかに上回っていることは確かだ。

今日も朝から日差しが強い1日であった。昨日入道雲を見た。東京ではせみが初鳴きをしたそうである。

参考サイト
ドットPC編集部ブログ : 記憶媒体と記録媒体 by kakishima
http://old.asciidotpc.jp/modules/wordpress/index.php?p=317

2011年7月 9日 (土)

第2回教育ITソリューションEXPO

今日東京ビックサイトで行われている第2回教育ITソリューションEXPOにいった。
昨年もいっていて、昨日のWBSでも紹介していたので、とても楽しみであった。
開場する朝10時ごろ会場に着くとたくさんの人がいた。

まず、入場してすぐにTOSHIBAのブースで、新型タブレットPCによる模擬授業形式の提案を聞いた。帝国書院 デジタル教科書楽しく学ぶ小学生の地図帳とグッド・グリーフピッケのつくるえほんの紹介であった。具体的な提案であったが、TOSHIBAさんにはスクイークをプレインストールして教育で活用してほしいと前から思っている。でも模擬授業形式の提案を聞けてとても満足できた。
その後広い会場は、eラーニング・セキュリティ・業務支援・コンテンツ・ハードウェアのゾーンがあり、あちこちと見るとやあっという間に昼を過ぎになる。
電子黒板はいろいろなタイプがあり、触ることができたのは良かった。職場にも電子黒板があれば使ってみたいと思う。そしてその空いた時間のコンピュータ教室で情報以外の教科の方に使ってもらえればと思った。

昼を食べた後、同時に開催されていた電子出版EXPOと東京国際ブックフェアを軽く見学した。
楽しい1日でした。外に出ると日差しが強い。日陰では風もあり気持ちが良かった。

今回教育ITソリューションEXPOなどを見学したことで、遠くないうちにタブレットかスマートフォンを購入したいと思った。

参考サイト
第2回 教育ITソリューションEXPO
http://www.edix-expo.jp/ja/
東芝情報機器株式会社 [第2回教育ITソリューションEXPO 東芝情報機器ブースご案内]
http://www.toshiba-tie.co.jp/event/110707.html
株式会社レディックス:ピッケのつくるえほん
http://www.ledex.co.jp/products/pla_p_001.html
進むかデジタル教育:ワールドビジネスサテライト:テレビ東京
http://www.tv-tokyo.co.jp/mv/wbs/newsl/post_3913/

2011年7月 4日 (月)

PISA2009 ICTに関する質問結果より その2

前回に続き、国立教育政策研究所から発表されている資料をもとに気になったことを、このブログに残しておく。

コンピュータに対する考え方についての質問で、

問10(1)自分にとって、コンピュータを使うことはとても重要だ
問10(2)コンピュータで遊んだり、作業をしたりするのはとても楽しい
問10(3)とても興味があるからコンピュータを使う
問10(4)コンピュータを使っていると時間を忘れる

の結果を日本とOECD平均で比べた棒グラフを作成してみた。

pisa2009q10-1
pisa2009q10-2
pisa2009q10-3
pisa2009q10-4

グラフにすると、大小関係やグラフの増減がよくわかる。
前回の問8(3)~(4)ではOECD平均は右下がり、今回の問10では日本が右下がりである。
この調査結果は2009年6月から7月にかけて実施したものであり、その後、大震災があったり、義務教育で新教育課程が始まったりしているので、少し状況は変わっているかもしれない。

ICTに関する質問結果のごく1部しかこのブログで触れていない。問1の自宅でのICT利用に関する調査結果なども興味深いと私は思った。もし興味のある方は、自分の目で資料を見てもらいたい。
中途半端であるが、とりあえずこれで009年に行われた経済協力開発機構(OECD)の第4回国際学習到達度調査(PISA)の中で行われた「デジタル読解力調査」についてブログに残すのは区切りとしたい。

今日で1学期の授業が終わった。必修の情報Bと選択の情報Cとも2単位でもどかしい思いをしながら教えてきた。せめて3単位あれば、もう少しゆとりを持って授業展開ができると思った。2学期は1学期の反省を生かして、授業展開ができるようにしたい。
その前に成績をつけなければ・・・。

参考資料
OECD生徒の学習到達度調査(PISA):国立教育政策研究所
http://www.nier.go.jp/kokusai/pisa/index.html
PISA2009年調査国際結果の分析・資料集 下巻-データ編(5)(PDF:35,959KB)
http://www.nier.go.jp/kokusai/pisa/pdf/pisa2009_2-5.pdf

2011年6月21日 (火)

「京」がスパコン1位でよかった

昨日2011/6/20から、理化学研究所と富士通が共同開発したスーパコンピュータ「京」が、TOP500リストで第1位を獲得した事がニュースで流れている。204年11月の「地球シミュレータ(NEC)」以来の7年ぶりのことになる。

Linpackベンチマークで8.16PFLOPS(ペタフロップス)という世界最高性能を、計画の80%で達成した。それまでのTOP500リストの1位が、2.6PFLOPSの性能を達成した中国のスーパーコンピュータ「天河一号A(Tianhe-1A)」であった。

GPUの搭載や8コア内臓で138GFLOPSのプロセッサなどの技術採用していて、エネルギー効率も良いとのことである

理化学研究所計算科学研究機構の平尾公彦機構長は「世界一を達成したことはうれしく思っているが、世界一であることが重要なのではなく、どんな成果を出すかが重要だ。『京』を使って社会に貢献していきたい」と述べました。
http://www3.nhk.or.jp/news/html/20110621/t10013672841000.htmlより引用

世界1位になったからこの言葉の意味は深いと感じる。
明るいニュースでとてもうれしい。

参考サイト
TOP500
http://www.top500.org/
「京」がTop 500のトップに、7年ぶりスパコン世界1位の座を奪還
http://www.itmedia.co.jp/news/articles/1106/20/news119.html
なぜ「京」がスパコン1位を獲得できたのか
http://eetimes.jp/ee/articles/1106/21/news110.html
世界一のスパコン「京」公開
http://www3.nhk.or.jp/news/html/20110621/t10013672841000.html

2011年5月12日 (木)

Windows PC 節電策

2011/5/10にMicrosoft社が、WindowsPCに向けた節電策をまとめた検証結果レポートを発表したことと、Windows PC 自動節電プログラム(Fix it)を配布していることを知りました。

コンピュータ教室には、サーバ1台と先生機1台と生徒機42台の計44台のPCがあり、モニターは44+21(中間モニター)=65台ある。
消費電力検証結果レポートでは、

  1. 消費電力基本情報: アイドル時の消費電力
  2. シャットダウン vs. スリープ
  3. ディスプレイの明るさ別 平均消費電力 (W)
  4. アプリケーション利用時の消費電力 (W)
  5. スクリーンセーバー利用時の消費電力 (W)
  6. 節電効果シミュレーション: 「90 分間利用シナリオ」の場合

についてまとめてあり、データもExcel形式でダウンロードできます。
PCの設定やソフトを勝手にインストールするわけにはいかないので、モニターの輝度を100から50に下げておきました。授業中に生徒に手伝ってもらい、各モニターの輝度を変えられればよかったのですが、授業中にそのゆとりがなく、放課後に自分で全てのモニターの輝度を減らしてみました。輝度を下げても暗さが気にならないし、生徒は気がつかないかもしれません。輝度を下げたほうが、目にも優しそうな気がしました。

東京電力管区内のWindows搭載PC(Windows XP以降 2010年現在)は約2284万台あり、仮に全体の約30%節電すれば、35万キロワット分節電可能になるというのはすごいことだと思います。

参考サイト
Windows PC 節電策
http://technet.microsoft.com/ja-jp/windows/gg715287
Windows PC 消費電力検証結果レポート
http://technet.microsoft.com/ja-jp/windows/hh146891
みんなでやれば、PCだけで35万キロワット節電可能
http://plusd.itmedia.co.jp/pcuser/articles/1105/10/news119.html
日本マイクロソフト、PCの節電設定による効果は最大35万kWと試算
http://pc.watch.impress.co.jp/docs/news/20110510_444484.html

2011年2月23日 (水)

富士山の日

富士山の日

今日、2月23日は静岡県の定めた富士山の日であることを読売新聞朝刊12版を読んでいて知りました(今年で2回目)。今年の2月は朝から曇っていることが多く富士山がくっきり見える日が少ないと感じる。富士山が見えると得な気がしたのはなぜなのだろう。

昨日、C県の前期選抜の合格発表であった。今日から後期選抜の願書受付日になる。連続した日程で生徒も先生方も対応にゆとりがないのは困ったものである。2月の3連休が日程に影響していると思われるが、次年度以降日程の改良を期待したい。

Windows 7およびWindows Server 2008 R2のSP1が今日公開されたそうだ。
余裕があるときに自分のパソコンで試したい。今日3アップデイトがあった。私のパソコンはアップで意図できているので心配ないが,コンピュータ教室のパソコンはどうしたらよいか、業者と相談したほうがよいのだろうか。それとも連絡を待つべきなのでしょうか。

参考サイト
静岡県/富士山の日
http://www.pref.shizuoka.jp/bunka/bk-223/fujisannohi/top.html
Windows Server 2008 R2 Service Pack 1 および Windows 7 Service Pack 1 に関して
http://www.microsoft.com/japan/windowsserver2008/r2/sp1.mspx
Windows 7およびWindows Server 2008 R2のSP1を一般公開
http://www.itmedia.co.jp/enterprise/articles/1102/23/news024.html

より以前の記事一覧