2015年5月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« スクイークEtoys第4回 | トップページ | CEATEC JAPAN 2012 »

2012年10月 5日 (金)

スクイークEtoys第5回

今回はテキスト時計と針時計の作成。

時計は誰もが読み方を知っているが、作成した経験をもつ生徒はいない。
まず刻み値と60進法について理解する。
部品からテキストを準備する。
まず秒の表示と進ませる。
秒の次に分のテキストを用意して分を正しく表示させる。
保存をして、時の表示について考える。

テキスト時計

次に秒針を絵描き、秒針を動かす。回転の中止を変えずに回してから、中心を変えることに気がつかせる。そして、分針を絵描き、分針か正しく動く様にプログラミングする。

針時計

ここで時間切れになってしまう。あっというまに時間が過ぎてしまう。

« スクイークEtoys第4回 | トップページ | CEATEC JAPAN 2012 »

プログラミング」カテゴリの記事

出来事」カテゴリの記事

教科情報」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1150809/47346868

この記事へのトラックバック一覧です: スクイークEtoys第5回:

« スクイークEtoys第4回 | トップページ | CEATEC JAPAN 2012 »