2015年5月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 技研公開2012 | トップページ | 「読み・書き・プログラミング」の時代が来る? »

2012年5月28日 (月)

ソーシャルゲームに関する実態調査

今日2012/5/28、NEO MARKETINGから「ソーシャルゲームに関する実態調査」が発表されたことを知りました。
調査期間は5月10日~11日の2日間で、全国の男女18才から48才に、ソーシャルゲームの経験者500名を足し法に実施した結果ようである。

発表された資料によると、次のようなことがわかった。
利用中のソーシャルゲームの順位は、1位「育成・シミュレーョン」58.2%、2位「RPG」35.6%、3位「パズル」33.5% (N=239)。
ソーシャルゲームでの課金経験者が42.6%(N=399)。
月額で課金した最高を聞いところ、 1位「 ¥1~¥1,000」24.7%、 2位「 ¥1,001~2,000」14.7%、 3位「 ¥2,001~¥3,000」14.1%で、\200,001以上の人が0.6%(N=170)。

回答数にかなりばらつきがあるようです。

参考サイト
ソーシャルゲーム経験者500人を調査……課金経験は42.6%、月平均2万円超えも
http://www.rbbtoday.com/article/2012/05/28/89790.html
ソーシャルゲームに関する実態調査
http://www.i-research.jp/report/report/r_20120528.pdf

« 技研公開2012 | トップページ | 「読み・書き・プログラミング」の時代が来る? »

ネット社会」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1150809/45508303

この記事へのトラックバック一覧です: ソーシャルゲームに関する実態調査:

« 技研公開2012 | トップページ | 「読み・書き・プログラミング」の時代が来る? »