2015年5月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« パスワード | トップページ | ディスカバリーのラストフライト »

2012年4月18日 (水)

全国学力・学習状況調査

昨日2012/4/17に「平成24年度全国学力・学習状況調査」が2年ぶりに実施されたというニュースが流れている。昨年度は震災のため実施に見送りになり、平成19年度から始まり、5回目の実施となるそうである。少し気になったので調べてみた。

調査対象は、小学校第6学年の児童及び中学校第3学年の生徒を対象。
調査内容は、教科に関することと対象者向けと実施校向け質問。
教科に関する調査は、全学年までの指導事項を原則に「知識」と「活用」の2種類を出題。
質問に関することは、対象者向けが学習意欲,学習方法,学習環境,生活の諸側面等に関する調査で、対象校向けが、指導方法に関する取組や学校における人的・物的な教育条件の整備の状況等に関する調査。

教科に対する調査のほうが注目されるように思うが、質問調査の結果が気になった。
生徒の考える意欲が年々弱くなっているように感じているのと、小中では新教育課程が始まっているが教員や現場任せになっている部分が多くないかと感じている。
平成22年度 全国学力・学習状況調査 調査結果のポイントをざっと見ても、私の感じていることにしっくりくる質問内容はない。
勉強しなくてもいける(高校や)大学がある限り、進学だけを意識した学習指導は矛盾を含んだままである。なぜ学ぶのか、何のために学ぶのかを児童・生徒が感じない限り、児童・生徒の学力も向上しない者がいるのではないか、と感じることがある。

参考サイト
全国学力・学習状況調査:教育課程研究センター:国立教育政策研究所http://www.nier.go.jp/kaihatsu/zenkokugakuryoku.html

« パスワード | トップページ | ディスカバリーのラストフライト »

出来事」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1150809/44965126

この記事へのトラックバック一覧です: 全国学力・学習状況調査:

« パスワード | トップページ | ディスカバリーのラストフライト »