2015年5月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 「デザイン型人材」育成のための情報教育とプログラミング教育 | トップページ | 梅満開と電子カルテ »

2012年3月28日 (水)

東京都高等学校情報教育研究会 研究大会2012

昨日2012/3/27は年休を取り、日本電子専門学校で行われた
東京都高等学校情報教育研究会 研究大会に参加させていただいた。
昨年は震災で中止になったので、参加するのが楽しみであった。
参加者は80名ほどだったそうです。

午前はNPO著作権教育フォーラムの大貫恵理子氏による講演で、演題は「著作権 過去から未来へ」でした。
午後からは専門委員会の発表3件、口頭発表その1が3件、ポスター発表3件と企業展示見学、口頭発表その2が3件と盛りだくさんな研究大会でした。

大貫恵理子氏の講演は、著作権について話をしっかり聴けたのでとても勉強になった。法律は多くの人と時間がかかって作られるので、いつも後追いになる。法令になくても、事例はある。誰でも簡単に情報発信ができる社会なので、ネットを利用するとはどういうことなのか生徒に理解させて、モラルを大切さを忘れない人になれるように、情報社会において教科「情報」の役割は大切であることが再認識できた。

口頭発表6件とポスター発表3件が聴けたことはとても刺激になる。生徒にポスターセッションさせるのは面白そうだ。能城先生のHTML5でのプレゼンはかっこよかった。HTML5を勉強しなければと、思った。

東京都の層の厚さがうらやましいです。
東京都高等学校情報教育研究会の研究大会に参加できて、とても勉強になり、刺激をいただいた。参加させていただき、ありがとうございます。

昨日は日本電子専門学校のO先生にも会えてとてもいい日でした。

« 「デザイン型人材」育成のための情報教育とプログラミング教育 | トップページ | 梅満開と電子カルテ »

出来事」カテゴリの記事

情報教育」カテゴリの記事

教科情報」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1150809/44669376

この記事へのトラックバック一覧です: 東京都高等学校情報教育研究会 研究大会2012:

« 「デザイン型人材」育成のための情報教育とプログラミング教育 | トップページ | 梅満開と電子カルテ »