2015年5月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« Excel2007で白黒印刷でもわかりやすいグラフを | トップページ | Best Illusion of the Year 2011 »

2011年5月20日 (金)

小5と中2のインターネットの利用内容と目的

日本PTA全国協議会が、小5と中2とその保護者を対象とした「平成22年度子どもとメディアに関する意識調査」の結果報告書を公開したことを知りました。

調査内容は、テレビ、ゲーム、マンガ・コミックと雑誌、携帯電話・PHS、パソコン、携帯電話・PHSとパソコンによるインターネット、メディア全般と7項目あり、結果報告書は、210ページからなる。
とても全部をゆっくり見る余裕はないが、「携帯電話・PHSとパソコンによるインターネットについて」RBBTODAYの記事などから、気になったことを残しておきたい。

 「携帯などやパソコンのインターネットの利用内容と目的」について、小学5年生の回答では「ホームページを見る」(60.7%)がもっとも多く、次に「ネットゲーム(オンラインゲーム)」(32.8%)、「サーチエンジン(情報検索)」(25.3%)となっている。中学2年生の回答でも「ホームページを見る」(74.9%)がもっとも多く、次いで「音楽配信」(51.7%)と続いている。
http://www.rbbtoday.com/article/2011/05/18/77039.htmlより引用

私は、インターネットの利用内容と目的の中で一番多いのは、動画サイトの利用ではないかと感じている。それに利用内容と目的気の1位「ホームページを見る」のではなく、「Webサイトのページを見る」という質問が正しいのでしょう。

 インターネットを利用してやり取りしたことのある物品については、小学5年生では「ゲーム類」(9.8%)、「ファッショングッズ」(9.2%)が多く、中学2年生では「ファッショングッズ」(15.8%)、「ゲーム類」(15.7%)となった。
http://www.rbbtoday.com/article/2011/05/18/77039.htmlより引用

ゲーム機からもインターネットにつながる。そのことはこのアンケートに生かされているのだろうか。

 インターネットの利用について保護者の認知状況は、「よく知っている」は小学5年生が65.1%、中学2年生では42.3%。また、保護者が「まったく知らない」と「ほとんど知らない」の合計は、小学5年生で7.6%、中学2年生で19.8%となった。
http://www.rbbtoday.com/article/2011/05/18/77039.htmlより引用

子どものインターネットの履歴に、全て目を通すことはかなりの時間がかかるし、履歴を消されたら確認しようがない。

親が、小5のときや中2のときにインターネットを見ていることは、ほぼないと思う。
経験値のないインターネットと子どものあり方について、どうしたらよいか悩んでいる親も多いのであろう。もしくは考えていない親もいると感じる。
パソコンは、リビングなど親の目の届くところにおくのが1番だ。でもケータイやスマートフォンで、子どもが何をしているのかを把握するのは難しいかもしれない。ケータイやスマートフォンの充電装置を親の目の届くことや、夜おそくの使用禁止などのルールも必要なのでしょう。

携帯電話・PHSとパソコンが、家電ではなく個電的な存在になっているので、今回の調査はとても参考になる。

参考サイト
平成22年度子どもとメディアに関する意識調査
http://www.nippon-pta.or.jp/material/pdf/18_kyouikukaikaku.pdf
中2の保護者、子どものインターネット利用状況を2割が「知らない」
http://www.rbbtoday.com/article/2011/05/18/77039.html

« Excel2007で白黒印刷でもわかりやすいグラフを | トップページ | Best Illusion of the Year 2011 »

パソコン・インターネット」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1150809/40081598

この記事へのトラックバック一覧です: 小5と中2のインターネットの利用内容と目的:

« Excel2007で白黒印刷でもわかりやすいグラフを | トップページ | Best Illusion of the Year 2011 »