2015年5月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« プ会2B | トップページ | 情報教育重視される »

2011年3月 5日 (土)

アナログ教科書のゆくえ

今日、東京国際交流館で行われた平成22年度CEC成果発表会の「教育の情報化」推進フォーラムの2日目に参加した。500人ほどの方がいたように感じた。初日も参加したかったが、無理でした。

10:40から行われた全体会のタイトルが「デジタル教科書のゆくえ」で、違和感を持った。

今、音や画像はアナログな記憶は見かけなくなり、デジタルで記録することが当たり前になってきている。かつてCDが出たとき、音楽がダウンロードで手に入れられるようになり、CDより流行するとは考えていなかったと思う。

そんなに遠くない未来では、児童生徒は各自パソコン1台で授業を受け、教科書などのテキストはネットからダウンロードしていると予想する。そのときにはむかし教科書はアナログ(紙の書籍)だったことに驚く児童生徒がいるかもしれない。

デジタル教科書というネーミングがよくないと感じました。音を録音したCDをデジタルレコードとは言わないし、デジカメで使用するCFやSDを、デジタルフィルムとは言わない。
デジタル教科書ではなく、「教科書アプリ」とか「教科書ソフト」にするとか「○○テキスト」などの違う名前で呼ぶのがよいのかと感じた。
どんなパソコンでも、教科書アプリが動きますとか言えば、便利だなと感じてもらえると思うのですが。

いやおうなく今の社会はデジタル高速通信社会であり、情報端末が豊富にあり、今までの環境とは異なる。デジタル・ネイティブがこれからの社会を担っていくわけであるから、教育でデジタルツールを使うことが自然に感じます。

携帯電話が普及し始めたとき、電波が人体に与える影響を心配する声があったが、今はその声は表に出てこない。今はデジタル教科書が普及するのに心配する声があるが、普及して10年もたてばその超えは消えるように予想します。

デジタル教科書の普及には諸問題があるが、流れが変わるとは思えない。

参考サイト
CEC|平成22年度「教育の情報化」推進フォーラム
http://www.cec.or.jp/e2e/symp/22tokyo.html
DiTT デジタル教科書教材協議会
http://ditt.jp/
【DiTT インタビュー】田原 総一朗
http://www.youtube.com/watch?v=rg-kUZWqcb0

« プ会2B | トップページ | 情報教育重視される »

ディジタル化」カテゴリの記事

パソコン・インターネット」カテゴリの記事

情報教育」カテゴリの記事

情報端末」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1150809/39118722

この記事へのトラックバック一覧です: アナログ教科書のゆくえ:

» Air pen pocket(エアペンポケット)で快適デジタルライフ♪ [Air pen pocket(エアペンポケット)で快適デジタルライフ♪]
エアペンポケットの解説しています。 [続きを読む]

« プ会2B | トップページ | 情報教育重視される »