2015年5月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« Xperia PlayとIPv4アドレス枯渇 | トップページ | 脳は高性能マイクロプロセッサーの集まり?! »

2011年2月 9日 (水)

Eye Presentation System

今日のbayFM78の朝7:30ごろのDELI NAVIで准教授 谷口 和弘氏のEye Presentation Systemが紹介された。以前耳で操作するリモコン「みみスイッチ」も紹介されたことがあり,忘れないようにこのブログに残しておきたい。

「Eye Presentation System」は、カメラから入力された情報から目元周りの画像だけを抽出し,その画像をグレースケールに変換し,明るさとコントラストを調整する画像処理と、マイクから入力された情報を周波数変換(声の高さを調整)する音声処理からなり、2つの結果を出力することで成り立っている。
目の周辺だけのグレースケールの情報に絞ることで、受信者が自ら受信情報を自らの好む形に補完することによって、本物の送信者よりも、受信者にとって魅力的なものとなるそうである。あえて目の周辺の情報に絞ることが、すごいと感じた。いかに情報を正しく伝えるのかではなく、人間の持つ性質を利用することに興味を感じた。これが実用化し普及しまいかもしれないが、とてもユニークである。

参考サイト
Eye Presentation System
http://www.ns.kogakuin.ac.jp/~wwa1048/EPS/EPS.htm
Human Hacking Lab.
http://www.ns.kogakuin.ac.jp/~wwa1048/
DELI NAVI
http://blog.bayfm.jp/delinavi/

« Xperia PlayとIPv4アドレス枯渇 | トップページ | 脳は高性能マイクロプロセッサーの集まり?! »

ディジタル化」カテゴリの記事

プログラム」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1150809/38817754

この記事へのトラックバック一覧です: Eye Presentation System:

« Xperia PlayとIPv4アドレス枯渇 | トップページ | 脳は高性能マイクロプロセッサーの集まり?! »