2015年5月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 国際学力テスト(PISA)の結果 | トップページ | 富士山とスカイタワー »

2010年12月 9日 (木)

What the Internet Killed

ネットを見ていたら気になる記事を見つけたので、いつものようにこのブログに残しておきたい。

過去10年間でインターネットが殺した14項目 / 米国Newsweekが発表
http://rocketnews24.com/?p=60564

殺したと物騒であるが、要はインターネットの存在で消滅してしまったもの・しまいそうなもの14項目を紹介しています。

  1. 9時から17時までの勤務時間
  2. レンタルビデオ店
  3. 集中力
  4. 礼儀正しい態度
  5. CD
  6. 電話帳
  7. 手紙
  8. 休暇
  9. プライバシー
  10. 事実
  11. ポラロイドとフィルム
  12. 百科事典
  13. 卒業アルバム
  14. ストリップショー

完全にはなくならないものだらけのように感じるが、なくしたくないものがたくさんあり、気になりました。
逆にインターネットがなくなったらどうなるかを考えると、取り戻せるものもたくさんあるのだろうか。

参考サイト
What the Internet Killed(Newsweek)
http://www.newsweek.com/photo/2010/12/08/peep-shows-yearbooks-and-other-things-the-internet-killed.html

« 国際学力テスト(PISA)の結果 | トップページ | 富士山とスカイタワー »

ネット社会」カテゴリの記事

パソコン・インターネット」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1150809/38022039

この記事へのトラックバック一覧です: What the Internet Killed:

« 国際学力テスト(PISA)の結果 | トップページ | 富士山とスカイタワー »