2015年5月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« プログラミング学習ここまでのまとめ | トップページ | 読書週間世論調査 »

2010年10月22日 (金)

MakerLegoBotとSelf Balancing Unicycle

WireVisionを眺めていたら、気になる記事を2つ見つけた。

1つ目は、『MakerLegoBot』で『Mindstorms NXT』が3個と、NXTのモーター9個を使いソフトウェア・エンジニアで、レゴのマニアでもあるWill Gorman氏が製作したものだそうだ。
自動でレゴを組み立てるレゴ・ロボット(動画)

『MakerLegoBot』は、レゴを使用して3Dの物体を作る「3Dプリンター」だ。MakerLegoBot自体が、完全にレゴ・システムから作られている。したがって、少なくとも理論上は、このロボットは自らを複製できる「自己複製ロボット」になる可能性がある。
http://wiredvision.jp/news/201010/2010102119.htmlより引用

NXTで作ったSegwayもすごかったが、こちらはスケールが違いすごすぎると思った。

もう1つは、Focus Designs社の『Self Balancing Unicycle』。
『Self Balancing Unicycle』のバージョン2.0で、モーターが1000ワット(前のバージョンから3倍ほどアップ)で、ジャイロスコープを3機搭載しているそうです。
記事の中ではSegwayの一輪車版の湯女乗り物と紹介している。
自動的にバランスを取ってくれる電動一輪車(動画)

11月から販売されて、価格は1500ドルだそうで、動画を見ると警戒で楽しそうな乗り物である。果たして日本で販売されるのだろうか。

« プログラミング学習ここまでのまとめ | トップページ | 読書週間世論調査 »

プログラミング」カテゴリの記事

出来事」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1150809/37359677

この記事へのトラックバック一覧です: MakerLegoBotとSelf Balancing Unicycle:

« プログラミング学習ここまでのまとめ | トップページ | 読書週間世論調査 »