2015年5月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« ロボットプログラミング | トップページ | 神奈川県情報部会 夏の研究会第1回に参加 »

2010年7月23日 (金)

電子書籍の規格

7/20のWBSでSHARPが年内に電子書籍に参入するというニュースを取り上げていた。
番組の中で電子書籍の規格について触れていたので、
忘れないようにこのブログに残しておく。

SHARPは独自規格「XMDF」で新規参入をするということである。
APPLEやGOOGLEやSONYでは「EPUB」という規格が使われている。

XMDFはテキストだけでなく画像や音声、動画なども再生できるのが特徴があり、
ケータイやPDA、パソコン用などがあるそうです。

XMDFとは、シャープが開発した電子書籍のファイル形式である。

XMDFのファイルには、拡張子として「.zbf」が付く。無償で配布されているXMDF専用の閲覧ソフトウェア「ブンコビューア」によって閲覧できる。
http://www.sophia-it.com/content/XMDFより引用

EPUBとは、米国の電子出版関連団体であるIDPF(国際電子出版フォーラム)が開発した電子書籍の形式である。2007年9月に発表された。

EPUBはXMLをベースとした規格であり、テキストが画面に収まるよう自動的に調整されるといった機能的特徴を持っている。また、オープンスタンダードな規格として公開されているため、多くのデバイスに対応し、互換性も得やすいというメリットがある。なお、EPUBファイルには拡張子として「.epub」が付く。
http://www.sophia-it.com/content/EPUBより引用

XDMFは元はザウルス文庫のデータ形式だということが下のページで知りました。
ケータイWatch ケータイ用語の基礎知識 第115回:XMDF形式とは

SHARPのサイトでの関連記事
新たな電子書籍ソリューションで、電子書籍事業に参入

規格争いにならないとよいと思う。
デジタル教科書はどちらかの規格を使うことになるのだろうか?
今後が気になります。

« ロボットプログラミング | トップページ | 神奈川県情報部会 夏の研究会第1回に参加 »

ディジタル化」カテゴリの記事

情報端末」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1150809/35908202

この記事へのトラックバック一覧です: 電子書籍の規格:

« ロボットプログラミング | トップページ | 神奈川県情報部会 夏の研究会第1回に参加 »