2015年5月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« Webは危険?! | トップページ | 情報 最新トピックス集 第2版 高校版 »

2009年12月 7日 (月)

日本通信がIP電話サービス開始

先週にケータイでもIP電話サービスが開始されたというニュースをWBSで知った。
忘れない用にこのブログに残しておきます。

ドコモ回線を使ったIP電話サービス、日本通信が開始--PC版とスマートフォン版が登場
http://japan.cnet.com/news/com/story/0,2000056021,20404623,00.htm

 日本通信は12月10日、NTTドコモの回線を使ったIP電話サービス「もしもしDoccica(ドッチーカ)」を発売する。PCで利用できるサービスだが、スマートフォン版も年内に発売予定だ。
・・・中略・・・・
 Skypeなどのインターネット電話と異なり、NTTドコモの回線を経由して電話をかけるため、通信品質が安定しているほか、盗聴ウイルスなどを仕掛けられる危険性がないという。

インターネット電話とIP電話は違うらしい。

インターネット電話とは、インターネットを利用した電話サービス。音声信号をデータに変換し、通信網の一部にインターネットを利用することにより、距離に寄らず低価格(あるいは無料)で電話サービスを提供できる。
http://e-words.jp/w/E382A4E383B3E382BFE383BCE3838DE38383E38388E99BBBE8A9B1.htmlより引用

IP電話(アイピーでんわ)は、広い意味では電話網の一部もしくは全てにVoIP技術を利用する電話サービスである。音声のみのものが多いが、動画も利用できるテレビ電話サービスなども可能である。
http://ja.wikipedia.org/wiki/IP%E9%9B%BB%E8%A9%B1より引用

IP電話と固定電話の違いは
IP電話はアクセス回線にFTTHやADSLなどの回線を利用し、音声をデータ圧縮・符号化してIPパケットに分割し、IPネットワークによりリアルタイム伝送し、電話交換機の変わりにIP電話サーバを使用しするそうです。

日本通信は、IP電話サービスを開始するために、占有帯域幅が小さい専用コーデックを独自に開発し、IP電話の一般的な音声通信方式であるG.711の平均占有帯域が87kbpsであるのに対し、新開発のコーデックはおよそ10分の1の9kbpsになるそうです。

大きな会社ではIP電話を利用しはじめていると聞いたことがある。
通話料金が無料になれば、少々高いIP電話を買う価値があるのだろう。
IP電話を使えるようになるにはそれなりのリテラシーが必要になるのだろう?!

« Webは危険?! | トップページ | 情報 最新トピックス集 第2版 高校版 »

ディジタル化」カテゴリの記事

ネットワーク」カテゴリの記事

パソコン・インターネット」カテゴリの記事

リテラシー」カテゴリの記事

情報端末」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1150809/32550121

この記事へのトラックバック一覧です: 日本通信がIP電話サービス開始:

« Webは危険?! | トップページ | 情報 最新トピックス集 第2版 高校版 »