2015年5月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« スーパークリエイター | トップページ | 高大連携による出張講義 »

2009年10月 4日 (日)

アカマイ、インターネットの現状に関する四半期報告を発表

CNETで気になる記事があったので
忘れる前にここに残しておきたい。

アカマイ、インターネットの現状に関する四半期報告を発表によると
インターネット攻撃の発信源は、
第1四半期の68カ国から、第2四半期は201カ国に増加。
マルウェアなどインターネット上の脅威の発信源と見られる201カ国のうち、
中国31.35%、米国14.63%、韓国6.83%で攻撃の半分以上を占める。
ネットの接続速度の平均は11Mbpsで
韓国が世界第1位となったのは韓国11Mbpsで、
日本8.0Mbpsが2位、米国は4.2Mbpsで、第18位
最下位はエリトリアで42Kbpsだった。

私が今この家で接続しているのEMは42Kbps以下なのが悲しい。

他に気になった記事で
ついに「ガラスの城」が壊れ始めた録音録画補償金制度

 さらにあと2年弱でアナログが停波するわけだから、今後レコーダーは、アナログチューナーを積んでいるモデルをわざわざ買うメリットが少なくなってくる。むしろ消費者としては、どうせ使えなくなるアナログチューナーを積むぐらいなら、それを省いて少しでも安くして欲しいというのが本音だろう。テレビはともかくレコーダーは、アナログ停波を待たずにアナログチューナーが全廃される可能性は高い。

Six Apart、Webアプリ作成プラットフォーム「TypePad Platform」発表
も気になる。

まだまだ気になることがあるが、
これ以上残しても見直す暇もない。

« スーパークリエイター | トップページ | 高大連携による出張講義 »

ディジタル化」カテゴリの記事

パソコン・インターネット」カテゴリの記事

情報端末」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1150809/31656922

この記事へのトラックバック一覧です: アカマイ、インターネットの現状に関する四半期報告を発表:

« スーパークリエイター | トップページ | 高大連携による出張講義 »