2015年5月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 特別講義 | トップページ | 高大連携による出張授業の実施 »

2009年5月13日 (水)

PDF悪用の攻撃

ITmediaのサイト(セキュリティ関連)を見ていたら気になる記事を
またまたみつけたので、ちょっと古いが
忘れないうちにこのブログに残しておきたい。

PDF悪用の攻撃、Wordを上回る

 セキュリティ企業のF-Secureは、ターゲット攻撃にどんな種類のファイルが利用されているかを調べたところ、AdobeのPDFファイルを使った攻撃が増えていることが分かったとブログで伝えた。

 それによると、2008年に発生したターゲット攻撃約1968件のうち、34.55%はMicrosoft Wordファイル(DOC)を利用。それに次いで、Adobe Acrobat ReaderのPDFファイルが28.61%を占めていた。以下、Microsoft Excel(19.97%)、Microsoft PowerPoint(16.87%)の順となっている。・・・後略

文書や書類がWord形式よりPDFでの提出増えている。
同じサイトの他の記事の中には、2ヶ月前の記事であるが、
Adobeを捨てるときが来たのかも
という記事もある。

多くの人が使うソフトが狙われることは、
悲しい現実である。

« 特別講義 | トップページ | 高大連携による出張授業の実施 »

パソコン・インターネット」カテゴリの記事

情報モラル」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1150809/29597153

この記事へのトラックバック一覧です: PDF悪用の攻撃:

« 特別講義 | トップページ | 高大連携による出張授業の実施 »