2015年5月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 情報資産 | トップページ | 春野家のケータイ物語 »

2009年3月 8日 (日)

IC3とITパスポート

水曜日にFOM出版から出ている
ITパスポートのテキストを
手に入れることができた。
20090305itp

IC3とITパスポート(以下IP)の相違点を
私なりにまとめておきたいと思う。
(間違っていたらごめんなさい)
どちらも初級レベルの検定であり、
CBTで受験ができる。
(IPは今後CBTで受験可能予定)
IC3は
コンピュータとインターネットの
国際的なITリテラシーのスタンダードを
目指している世界共通資格である。
IPは
情報処理技術者のレベル1にあたる試験で、
情報技術に関する基礎的な知識を
測る国家試験である。
IC3は2002年からスタート、
秋ごろよりGS3がリリースされる。
IPは2009年春から始まる試験で、
基本情報処理試験の下に位置する試験である。
IPの導入に伴い初級シスアドは今後廃止される。
IC3はエンドユーザを対象としている。
IPは情報技術にかかわる人を対象としている。
IC3は随時試験が受けられる。
IPは年に2回。
IC3は3科目、IPは科目なし。
IC3はその上に当たる資格が要されていないが、
IPは基本情報処理試験、応用情報処理などがある。
(いつか表にしてしっかりとまとめたいと思う)

今日は午後から雨になった。
天気予報では夜からのはずだったのに。
今日も例の折り込み広告が入っていた。
今日のは大きさが違い、
読売の広告の裏面に表面と同じ青インクで印刷してあった。

« 情報資産 | トップページ | 春野家のケータイ物語 »

学問・資格」カテゴリの記事

情報教育」カテゴリの記事

資格・検定」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1150809/28523449

この記事へのトラックバック一覧です: IC3とITパスポート:

« 情報資産 | トップページ | 春野家のケータイ物語 »